通販のおすすめ商品をまとめてみた

ヤマト運輸の労働時間問題について!今後の改善策を検討中

Pocket
LINEで送る














スマホやタブレットが普及した現在。
インターネット1つでショッピングが出来てしまいますね。

そんな時代だからこそ起こってしまったといえる、ヤマト運輸の時間外労働問題です。

ヤマト運輸の時間外労働問題


ことの発覚は、2016年12月に、神奈川県横浜市にある事業所のタイムカードを調べたところ、1ヵ月で95時間以上も時間外労働がなされている事が判りました。

これは、労働基準法に違反していると、横浜北労働基準監督署から是正勧告を受け、更に、その分の残業代が未払いだった事にも、是正勧告を受けていました。

この背景には、通信販売大手Amazonからの配達量が増えたこと。

利用する数は増えたにも関わらず、少子化・高齢化などにより、ドライバーの数が少なく深刻な人手不足に陥いったこと。

それにより、ドライバー1人が負担する荷物が増え、労働時間内では捌け切れず、サービス残業になってしまったことが挙げられます。

ヤマト運輸を傘下にもつ、ヤマトホールディングスが、この事実を認め、約7万6千人の従業員と面談し、未払い分を全額支給する事を発表しました。

これは極めて異例とのことですが、その額、数百億円にものぼるのではないかと予想されています。

深刻な人手不足にあるにも関わらず、配達個数は過去最高の17億個を突破するヤマト運輸。

宅配システムの見直し


そんなヤマト運輸では、ドライバーの負担を減らす為の、宅配の見直しが検討されています。

その見直しについてですが

・時間指定の配達をなくす。

・個人・法人むけの配達料金の値上げ。

・再配達を有料化。

・再配達を削減する為の、宅配ロッカーの前倒し。


などが検討されているようです。

大手宅配会社であるヤマト運輸の、今回の見直し改革。

ドライバーはもちろん、利用する個人や法人、他の宅配業界に、どのような影響を与えるのか気になるところですね!




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です