通販のおすすめ商品をまとめてみた

朝寝坊に悩んでる方必見!インティスクエアで快適で健康的な目覚めに!

Pocket
LINEで送る

インティスクエアの価格

朝が辛くて起きれない。
よく2度寝して寝坊してしまう。

そんな方にオススメなのが
ムーンムーン社から発売された目覚まし時計
その名もインティスクエアです。

目覚まし時計なんて、全部一緒でしょ?
と思うわれるかもしれませんが

こちらの目覚まし時計は、今までのものとは違います!

なんと81%ものの人が、実際に起きれてしまっているんです。

インティスクエアとは?



インティスクエアは、睡眠改善インストラクターの資格を有する
竹田浩一さんが代表取締役をされている
ムーンムーン株式会社から発売された「光目覚まし時計」です

インティスクエアの前に、インティという製品で
同じ光目覚まし時計が発売されていますが

こちらの、更に改良を加えられたもので
インティよりバージョンアップしたものです。

インティスクエアを使えば
今まで、早起き=努力だったものを
早起き=習慣に変わる為

起きれなかった人達の81%ものの人が起きれるようになっているんです。

その秘密は

【セロトニン】
2,500ルクス以上の明るい光を目から浴びると
目覚めを促進する脳内物質。

【メラトニン】
セラトニンが夜になるとメラトニンに変わりますが
メラトニンには睡眠を促すホルモンです。

【体内時計】
朝の光でリセットされ、睡眠などをコントロールしてくれる。

この3つのポイントに着目し開発されたのがインティスクエアです。

従来の音や振動で起きる目覚まし時計では
心臓や自律神経に悪影響を与えるだけで負担になるだけですが

こちらのインティスクエアは、朝日と同じ光を目覚ましから出していますので
自然に目覚める事ができます。

また、朝日で目覚める事で
気持ちよく朝を迎えられる上、疲れにくいものとなっています。

目覚めて直ぐは2度寝などの可能性もありますが
こちらは光で目を覚まし、そのまま光を浴びている状態ですから
1日の体内時計もリセットされ2度寝のリスクも減らせます。

光を浴びればいいんでしょ?
電気の光じゃダメなの?

と、思いかもしれませんが
自然に目覚めるのに必要な光の数値は2,500。

インティスクエアは、最大20,000ルクスを出す事ができ
この数値は、朝日と同等の数値となります。

ちなみに、身近にあるコンビニの室内でも1,500ルクスと
朝の目覚めに必要な数値より1,000も低いものとなっており
家庭の証明だと700ルクスしかありません。

到底、この数値じゃ気持ちよく起きる事は不可能です。

最大20,000ルクスもの光を出すインティスクエアですが
女性なら気になる紫外線についても、ほとんどありませんので
日焼けの心配などもなく安心して使って頂けます。

本体の背面スタンドにより
自分の顔に光を当てやすいよう調節可能となっています。

また、背面には穴も開いていますので壁にかけて使う事も出来ます。

iPhone6とほぼ変わらない本体サイズの為
外出先にも持ち運びにも便利なものとなっています。

インティとの違いは?

インティスクエアの以前に発売されているインティの
最大ルクスは80,000でしたが
これは、逆に眩し過ぎるものでした。

インティスクエアの場合、20,000ルクスと
大幅に下がりましたが、これは強く明るい光が遠くまで届く光の強さとして十分。

また、インティはタッチパネルを採用していましたが
位置ズレなどから押しにくいとの声もあり
インティスクエアでは、ボタンを採用しています。

誰でも簡単に操作が行えますし、インティと違い、スマホアプリと連動せずとも設定も行えるので
非常に使いやすいものとなっています。

以前のインティでは、30cm離れたところに置くと2,500でしたが
インティスクエアでは3,500ルクスと光源が増えています。

インティスクエアの価格

インティスクエアの一般価格は25,800円(税込)

目覚まし時計に、この価格って少し高くない?
と感じてしまいますよね。

ですが、これで朝寝坊による遅刻癖がなくなれば、会社の上司へ好印象を与え、給料アップで元が取れるかもしれません(笑)
そうでなくても快適な目覚めで健康的な生活習慣になりますので、寝起きに悩まれてる方は購入して損はないかもしれません。

⇩全額返金保証付きで注文はこちら


起きれずに悩んでいるからこそ使ってほしい自信の製品。
一度だまされたと思って試してみて下さい!

驚きの効果を得られますよ!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です